◆アキバ系ニュース(切り替え調整中)◆
◆アニメ、ゲーム系ニュース◆
◆2chまとめ◆
◆海外・おもしろニュース◆

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメオリジナルトランプ(ソリティア)の作り方を説明してみた

アキバ系ネタ企画

前回の記事の説明で、オリジナルトランプソリティア)の作り方が解る方は解ると思いますが、
オリジナルトランプソリティア)の作り方をもう少し詳しく説明してみようと思います。
あくまで個人で楽しむ範疇でお楽しみ下さい。

drh1.jpg


1、素材を用意する

まず、オリジナルトランプソリティア)の作成には、素材が必要です。
これはお好きな画像(52枚+表面1枚+必要ならJOKERの分も)を各自でご用意下さい。

ただ、縦画像を主体にするか、横画像を主体にするのかは決めていた方が
いいかも知れません。
DVDやテレビのキャプを主体にするのなら、前回のストライクウィッチーズトランプのように
横画像を主体にした方が、作成はかなり楽になります。

今回はTVキャプで640×360の大きさの、
とある魔術の禁書目録のインデックスさんを例にしてみました。

iindex.jpg
©鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX

2、カードのサイズを決める。

アニメのキャプで楽にやりたい場合
横16:縦9の 1280×720サイズであれば 320×180
横4:縦3の 1280×960サイズであれば 320×240 
辺りを基準に、好みに応じてサイズを修正して下さい。

ただ、16:9の方はトランプにすると、かなり縦長になるので、
(上の画像を縦にしてみました。)

59_ohayo.jpg

気になる人はサイドカットなり(この場合は上下カットですが)、

59_ohayoshuu.jpg

サイドカットが難しい構図の場合は左右に余白をくっつける等して調整してください。
(パッと見、判りづらいですが左右に白い余白をつけてます。)

59_ohayohi.jpg


3、全ての画像を、決めたサイズに変換する。

サイズを決めたら、次は全ての画像を、そのサイズに変換します。
トランプは縦長ですので、アニメキャプ等の横画像が主体の場合はあらかじめ
90度回転させて縦画像にしておきます。

サイズの変更ですが、フォトショ等の画像ソフトを使ってもいいですし、
下記のようなトランプ作成の支援ソフトを使ってもいいです。


どどめ柔-トランプ
http://members3.jcom.home.ne.jp/dodome-juu/index.html

こちらのフリーソフトはオリジナルトランプ作成の手助けをしてくれるソフトで、
サイズを指定すると、画像の比率を修正してそのサイズに変換してくれたり、
トランプの数字やスートを付けてくれるソフトです。

(左の方の上から8番目にあるトランプをクリックしてtrump.zipダウンロード)
ただ、必要環境はWindowsXP以降(98、Me、NT、2000 では動作しないようです。)


今回は上のソフトと画像キャプチャーソフトを組み合わせて
横180x縦320のトランプを作ってみました。

Image1.gifImage2.gif
スート無しとスートあり

Image3.gifImage4.gif
こちらは上の方でトリミングをしたものと、横に余白を付けた横210x縦320のサイズ

こういった感じで53枚の画像をカードサイズに変換し、ファイルを保存します。
注意:作ったトランプでソリティアをプレイしたい場合は、
保存の際に必ずGif形式で画像を保存して下さい。


※追記:記事を読まれた方からの投稿によるとGif形式でなくても大丈夫なようです。

4、スート(トランプのマーク)を付け、名前を変更する。

上のフリーソフトを使わなかったり、使えてもスートのデザインが好みでない場合は
自分で作成し、フォトショップ等の画像ソフトでスートを付ける必要があります。

一応サンプルとして前回使ったトランプのスートをUPしておきます。
ただ、これも背景との兼ね合いによって数字が見づらかったりするので、
使用される場合はその辺りをご注意下さい。(改変は自由です)



上のサンプルを使って作成したものです。
Ime2.gifIme1.gif

こういった感じで全て作成すると、貴方個人のオリジナルトランプの完成です。


ここから先はこのオリジナルのトランプを使って、Windows上でソリティアをする方法
になりますが、前回の記事を読まれていない方は、先に前回の関連記事
ストライクウィッチーズのトランプでソリティアとフリーセルをプレイしてみた。
を読んでからにして下さい。



こうして自分で作成したトランプで、ソリティアやフリーセルを遊びたい場合、
前回のストライクウィッチーズの画像フォルダ内を見ていただければ解ると思いますが、
ge1.jpg

クラブのAからK → 1から13
ダイヤのAからK → 14から26
ハートのAからK → 27から39
スペードのAからK → 40から52
表面         → 54と64

という具合にトランプ画像の名前を変更する必要があります。

例えば今回作成したインデックスはハートの2ですので、28.gifに名前を変更し、
前回のストライクウィッチーズのフォルダの中に放り込んでみると..
(今回は他とサイズをあわせる為に、338×220にサイズを変更しています。)

rei2.jpg

プレイ時にこっそりインデックスさんが混じるようになります。
drh1.jpg

こんな感じで全てのカードの名前を変更し、フォルダに放り込むと、
貴方オリジナルのソリティアの完成です。



関連記事:ストライクウィッチーズのパラパラトランプを作ってみた(EDver.)
       ストライクウィッチーズのトランプを作ってみた2(キャラ別ver.)
       ストライクウィッチーズのトランプでソリティアとフリーセルをプレイしてみた。


topへ

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://kibayashi17.blog82.fc2.com/tb.php/103-8daee50b
◆AmazonDVDトップ10◆
◆便利リンク集◆
カテゴリー
◆過去の記事◆
Appendix
◆AmazonベストセラーTOP10◆
◆リンク◆

海外の反応系サイト
海兄
ぱんだ とらんすれーたー
パンドラの憂鬱
Trans Vienna -ドイツ語翻訳-
海外での日本人気@まとめwiki

YouTube 海外の反応
ニコニコ動画 海外の反応

管理人の別運営サイト
便利なサイトまとめ

更新停止中、そのほかのサイトは
こちらに移行しました

2009/02/14 カウンター設置
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。